7つの理由から選ばれる実績数が多い人気の葬儀社ティア

選ばれる葬儀社には7つの理由があります。名前も素敵な葬儀社のティアは、年間で10,000件以上もの依頼があります。

それも、世界でその故人を考えた1つだけの葬儀をするからなのです。デザインから規模も考え、故人の好きだったゆかりのある葬儀を考えるわけです。

又、東証一部上場企業だから、こその安心感も高いのが魅力的です。実績の件数も多く、365日、24時間、いつでもこのティアの専属のスタッフがしっかりと対応するのも、ますます安心なところなのです。

メディアにも度々取り上げられているからこその知名度力もありますし、色々な宣伝活動によって多くの人にそのティアという名前を知られるための工夫をしています。

価格は明朗であり、生きている間に見積もりをするお手伝いもできるのも選ばれている理由なのです。面倒な積立金も必要ないのも良いところです。

入会キャンペーンでティアの会に入会することで、より素敵な葬儀ができます。

中部では愛知県や岐阜県、三重県の3県を担当し、関東では東京都から茨城県までの5県を担当できます。関西では大阪府や和歌山県の2県を担当します。

大阪の祭壇価格では、40万円から188万円までの感謝葬を7つのタイプより選ぶことができるのも魅力の1つです。

カテゴリー: 葬儀 | 7つの理由から選ばれる実績数が多い人気の葬儀社ティア はコメントを受け付けていません。

葬儀について

最近はお葬式をしなくてもいいという人が増えています。お通夜や告別式を行わずに近親者や友人に限って関係者のみで故人に別れを告げるというスタイルが多いです。これまではお葬式をしないのは何かわけがある人とか、経済的に難しい人でしたが最近は簡単に済ませたいという人が多くなっています。お葬式にお金をかけても誰も得をしませんよね。家族や周りに迷惑をかけるくらいなら・・と思う高齢者の気持ちも影響してきているようです。また高齢化がすすんできたので必然的に会葬者が減ってきているのも大きな要因になっています。
 義理や付き合いだけでなく故人をよく知っている人のみでお別れをして欲しいという人も多いです。従来のように関係者に広く知らせ大勢で葬儀を挙げてほしいという人はあまり居ません。社会が宗教離れしてきていたり死生感については多様化してきていますので、色んなスタイルの自分らしいお葬式がブームになってきています。お葬式というのは一生で何度もはありません。なのでお葬式について知らないことが多いのは当たり前のことです。
いい葬儀社の選び方とは、規模の大きさではありません。いい葬儀社が大事です。
いい葬儀社とは事前に調べ故人のために、用意しておくものです。
しかし生前の葬儀の相談には嫌な顔をする人もおおいです。
葬儀社は電話一本とパソコンで大丈夫です。快く色んな相談や要望を聞いてくれる
葬儀社にしましょう。また

カテゴリー: 葬儀 | 葬儀について はコメントを受け付けていません。

小さい子供を連れて葬儀に参列する場合の注意

人の死は予想できるものではありません。その為、葬儀への参列も突然やってくるのが普通です。決して計画的に葬儀が行われるわけではない以上、小さい子供がいる家庭でも親戚などの葬儀に参列しなければならない場合も珍しくありません。
小さい子供がいる場合、通夜や告別式の間だけ預けられる場所があるなら、子供は預けて大人だけで参列するのも一つの方法です。しかし親族の葬儀の場合は、小さい子供も一緒に参列するケースも多いでしょう。まだ手のかかる小さい子供を連れて葬儀に参列する場合、子供の服装や葬儀の最中に子供がぐずった際の対応などもきちんと考えておく必要があります。
小さい子供の場合でも、葬儀に参列する際は黒い服を着用するのが基本です。子供用のスーツなども販売されているので、スケジュールに余裕がある場合は用意しておくと良いかもしれません。
また、葬儀には時間が掛かることも多く、小さい子供は途中でぐずり始めてしまうケースも少なくありません。葬儀の途中で子供がぐずり出したら、一度子供を連れて会場から出るようにすると良いでしょう。控室がある場合はそちらに戻ったり、会場の外で少し気分転換をさせてあげるだけで子供の機嫌も良くなることが多いものです。子供が落ち着いたら会場に戻れば安心です。

カテゴリー: 葬儀 | 小さい子供を連れて葬儀に参列する場合の注意 はコメントを受け付けていません。

葬儀の費用について考える

みなさんは葬儀に掛かる費用について考えた事がありますでしょうか?
きっと意外と多くの方はこれまでに葬儀にどれくらいの費用が掛かるか事前に考えた事がないと思います。

それはどうしてかというと、いくら最近は葬儀の費用を気にする人が若い人を中心に増えていると言っても葬儀にいくら掛かるかという事を考えるのは不謹慎だと思う人が多いからです。

確かに普段生活していて滅多に葬儀をやる機会はない上にいざ身内で不幸が起きても葬儀にいくら掛かるかなんて考える余裕もないです。

では、もう葬儀にいくら掛かるかとか考えない方が良いかというと、そうではなく
今は全く葬儀があるような感じがしなくても大体世間ではいくらくらい費用を掛けて葬儀を
しているかというのは知っておいて損はないです。

そうやって世間の葬儀費用の相場を知っておけばいざ葬儀をやる事になった時にスムーズに
葬儀屋探しができるようになります。

逆にそういう予備知識なしに葬儀社を探してもどこの葬儀社に頼めば良いかなんて分からないので葬儀とは無縁の時期からインターネットを使って全国の葬儀費用の相場を調べるのがおすすめです。
例えば、こちらのサイトなんかを利用すれば、簡単に葬儀費用の相場を調べることができます。
http://葬儀葬式の費用.com/

これでいざ葬儀をする時に変な葬儀社を利用してしまう事を避けれます。

カテゴリー: 葬儀 | 葬儀の費用について考える はコメントを受け付けていません。

500種類以上もの骨壷から選べる頼もしい葬儀社

とても参列する人のことを考えている葬儀社が多くなりました。葬儀社では、広々とした100台も車が置ける駐車場があるところも増え、遠方から車で来る人が快適に駐車できるようになっています。又、葬儀社やホールの建物は段差がほとんど無いバリアフリーのデザインを取り入れていますから、車椅子でも容易に入っては安全に参加できるように工夫されています。

大きなホールも完備してあり、最大で100名はゆったりと入っては葬儀に参加できます。海を見渡す高台にある葬儀場や山の緑に囲まれた自然豊かな場所にある葬儀場もあり、来る人を心身共にリラックスさせる効果があります。

最近では、宗教も宗派さえも問わず、誰でも気軽に利用できるようにもなり、相談も24時間受け付けしているのも便利なところです。

家族葬を取り入れている葬儀社が増えていますし、中には4万人規模の大きな葬儀まで行える葬儀社もあります。

家族葬でも10万円台から行えますが、きちんとテントから送迎をするマイクロバスの手配、ドライアイス完備、遺影写真制作、美しい後飾りセット、見やすい看板の設置、納棺用品から布団、家紋入り提灯などもしっかりとプランに取り込んでいます。

骨壷も人間国宝が生み出した創作骨壷を用意していたり、500種類以上ものデザインから自分好みの骨壷を選べる葬儀社では、彩りも美しく、おいしく食べれるおもてなし料理や飲物、お返し品の提案や手配も行います。

カテゴリー: 葬儀 | 500種類以上もの骨壷から選べる頼もしい葬儀社 はコメントを受け付けていません。

葬儀の多様化に思う事

一昔前は、葬儀の費用は不明朗だと言われた事があります。しかし最近では葬儀料金は明確化されて、比較的リーズナブルになった感じがします。これは葬儀の費用は高いと言う多くの人の感覚を払拭するために、業界全体が不明瞭な料金を廃するように努力して来たからでしょう。
また葬儀の形態も多様化し、簡素な葬儀を選択する人が増えています。従来の一般的な葬儀でも、祭壇に見栄を張るような事も少なくなり、また家族葬も増えています。
葬儀は遺族がバタバタとする印象が強く、涙を流す暇さえないと言われてきました。これは一説には、悲しみに暮れる事がないように、何かとバタバタとする儀式となっているのだと言う事も言われてきました。バタバタとしている内に葬儀が終わり、ホッとして始めて寂しさが湧いてくると言う感じでした。
こう言う状況も悪くはないでしょうが、もっと気心の知れた近親者や故人の親友などで、こじんまりとしめやかに、故人を偲びつつ送ろうと言う趣旨で家族葬が増えて来ています。
これも一つの考え方で、どちらが正解と言うわけではありません。葬儀は故人を送ると同時に、残された遺族が心の整理をする為の儀式でもあります。残された遺族が故人の死を乗り越えて、明日に向かえる契機となるなら、葬儀の規模や形式は問題ではないと言えるでしょう。

カテゴリー: 葬儀 | 葬儀の多様化に思う事 はコメントを受け付けていません。

葬儀社について

先月父親を亡くし、葬儀社にお世話になったのでその時の経験を話します。父親が突然亡くなったのですぐに葬儀屋さんに連絡しました。祖父でお世話になっていたので馴染みのあるところです。担当者は異なりましたが、家の場所付近はよく知っていました。病院から自宅までの遺体の搬送も手配してくれたので、その車に同席してもらい父親の遺体の隣にすわっていました。母親と一緒に葬儀屋さんと葬儀場の場所と日時を決めることにしました。
東京都内で近くにある火葬場のある葬儀場は限られているので、予約がなかなかとれず、お通夜まで5日間あいてしまいました。葬儀社は自宅で遺体を安置するときに必要なドライアイスの準備と交換、お棺の準備と遺体への着替え、部屋で焼香台できるような設置もしてくれたので助かりました。
葬儀社の担当される方は1名だけでしたが、お棺の搬送やお化粧をしてくれるかたはその時に都度きてくれました。
死亡届を役所に届けることも代行してくれますし、葬儀を告知する資料もすぐに作成してくれたので、参列する人にFAXやメールですぐに知らせることができ助かりました。遺体を自宅に安置してからお通夜までの期間、毎日実家にきて準備ができているか確認してもらえたので、喪主となる母親は参列する人への電話に集中すつことができ、忙しいなかにも寝るだけの余裕が確保できたことは助かりました。

カテゴリー: 葬儀 | 葬儀社について はコメントを受け付けていません。

家族葬という葬儀の方法について

昨年の秋に家族の者が亡くなり、私が喪主となって葬儀を執り行いました。亡くなった当日の昼に病床で食事を取っていて、病院から離れた夕方には呼吸が乱れ始め、6時前にもう亡くなりましたので、準備という準備は何一つなく、後から思い出すと、人間というのはこんなにあっさり亡くなってしまうのかとビックリさせられました。
さて、亡くなった後の葬儀の在り様ですが、全く考えていませんでしたので、どのように行うべきか迷いましたが、何せ時間がありません。取りあえず、当日中に故人を連れて病院を出ていかねばなりませんので、対応に困りました。
電話帳で調べた葬儀屋さんまで、車で故人を運んで、翌日以降葬儀の準備を進めることとし、その日は帰宅して休みました。
当日から翌日にかけて色々考えた結果、広い葬儀屋さんで、家族の者だけで故人を弔う家族葬を行うことにしました。親戚を呼んで一般的な葬儀を営もうかとも思いましたが、ゆっくりと故人を送ることができるのではないかと考えたからでした。
私は、今は田舎にUターンしましたが、都会暮らしが長かったこともあり、田舎の葬式のダラダラとした飲み食い文化に抵抗がありました。時間に邪魔されず、会ったこともない親戚に気疲れせず、ゆっくりと時間を過ごすことができ、良い葬式だったと今も思い返します。

カテゴリー: 葬儀 | 家族葬という葬儀の方法について はコメントを受け付けていません。